トップページ »  » カラーコンタクトレンズの種類と特徴

カラーコンタクトレンズの種類と特徴

通販で購入をすることが出来るコンタクトレンズの中に、カラーコンタクトレンズがあります。
昔からあるものではなく、1990年代になって瞳を大きく見せることが出来るとして、販売されるようになりました。

数年前に雑貨店での販売が問題になったことがあります。
雑貨店で販売されていたカラーコンタクトレンズは医療用品としてではなく、バラエティーグッズとしてのくくりでしたので、不衛生でした。
そのまま瞳に着用をしてしまったことで、眼病になってしまい、事件にもなりました。

カラーコンタクトを購入する際には、販売元をチェックしたほうが良いです。
また種類も豊富。
グラデーションが付いていたり、フチがあったりなど使うものによって瞳の大きさも変化します。
ただし、あまりにも瞳を大きく見せるようなものを使ってしまうと、全体のバランスが崩れてしまう可能性があります。
ただ大きく見せるだけのものではなく、自分の目の大きさとのバランスも考えた上でどういうものを選ぶと効果的なのか、知ることが大切です。

アニマル柄のカラーコンタクトレンズもあります。
パーティーに向いているものです。
普段使いとしては不向きです。
着用をする場面も考えて上手に使っていかなければいけません。