トップページ »  » コンタクトを選ぶ

コンタクトを選ぶ

視力矯正をするときにコンタクトレンズをつけます。
しかしコンタクトレンズを通販で購入するときには、種類の多いコンタクトレンズの中からどれを選べばよいのか迷ってしまいます。
まず、コンタクトレンズにはソフト、ハードという素材による違いがあります。
ソフトは水分を含んで柔らかくスポーツなど動き回ってもずれ落ちることはありません。
対してハードは固いプラスチックのレンズでソフトよりも酸素を透過しやすく長時間の使用にも強いです。
ただしソフトレンズでも酸素透過性の高い製品は出てきていますし、ハードはつけていると固いので異物感を感じるといったことがあります。

では、どのような視力矯正をするかという店や通販では近視、遠視、乱視、遠近両用、老眼といった種類があります。
どれもソフトタイプ、ハードタイプがありますが遠視、乱視の場合には強度だとハードコンタクトが向いています。ソフト・ハードとは別に使い捨てもタイプによってはありますが、種類がなかったり強度の場合だと視力矯正が出来なかったりします。

手入れで選ぶというのは、どのよな生活をしているのかということによっても異なります。
手入れをしたくないのであれば通販で使い捨ての1day、1week、2weekコンタクトを選んだ方がいいです。
1weekであれば汚れますが眠るときにつけっぱなしにしても大丈夫です。
逆にこまめに手入れが必要なのはそれ以外の使い捨てコンタクトや通常のコンタクトです。さもなければタンパクがコンタクトについて見え具合が悪くなったり、コンタクト汚水分がなくて目にくっついて手術となってしまうかもしれません。