トップページ »  » 各種コンタクトの素材について

各種コンタクトの素材について

通販で販売しているコンタクトレンズはハード、ソフトとありますが、それは素材が異なっているのです。
ハードコンタクトレンズの場合にはかつては酸素を通さないPMMAレンズが使われていましたが現在通販で販売されているコンタクトレンズではRGPレンズが主流となっています。
そのRGPレンズの素材はセルロースアセテートブチレート、SiMA(シロキサニルメタクリレート),MMAポリマーという素材でSiMA、MMAポリマーを使ったものは特に酸素透過の能力が高いのでO2レンズと呼ばれます。
対してソフトコンタクトレンズの素材といて用いられるのはシリコーンハイドロゲルという素材です。
従来のソフトコンタクトレンズでは水を置く含むことで酸素透過性を高めていましたが、それではどうしても限界がやってきます。
そこで素材自体にも酸素透過性を持たせられるようにと開発されたのがシリコーンハイドロゲルです。従来のハイドロゲル素材に比べて数倍から数十倍物酸素透過性を持つことでさらに長時間の使用に耐えることが出来ます。
ハードとソフトの違いはこれらの素材の固さによるつけ心地の違いだけではありません。
ソフトコンタクトレンズは親水性の高い素材で多くの水を含んでいます。それは目の潤いを与えるということで優れていると思うかもしませんが、その分細菌を繁殖しやすい環境にしてしまうのです。
また、ソフトコンタクトレンズに含まれる水が外気に出ていってしまうと、今度は目の水分を取って目の乾燥を促してしまいます。
通販でコンタクトレンズを素材で選ぶときには十分にそれぞれの素材のメリットデメリットを確認しておきましょう。