トップページ »  » 視力回復コンタクトについて

視力回復コンタクトについて

コンタクトレンズは視力を「矯正」するものであって「回復」させるものではありません。
しかし、視力回復コンタクトレンズというのが通販で販売されており、それをつければ視力が回復するというのです。
では、どうやれば視力回復をするのか、というと視力の低下は上手く網膜で像を結ぶことが出来ないことが原因です。その際焦点を作り出す角膜が非常に大きな役目を持つわけですが、視力回付コンタクトはつけることで角膜の形を矯正して裸眼でものを見たときに上手く網膜で像を結ぶことが出来る要にするというものです。
つうじょうこの視力回復コンタクトレンズは夜寝ている間につけておきます。
このコンタクトレンズはとても酸素透過性の高いものなので寝ている間つけていても目にダメージはありません。
朝起きて、取り外すと角膜は変形しているのです。
ただし、角膜を型にはめて形を変えているだけですので、角膜の力で次第に元に戻ってしまいます。
ですから、また夜につけて視力回復を行うのです。
繰り返してつける必要は手間ですが、レーシックと違い一度手術したら元に戻りにくい、ということではないので何か支障が出たときには対処しやすいです。
価格は保険が使えず通販で安くて10万円台、高ければ40万円以上となっています。
しかもコンタクトレンズの耐久性から数年ごとに通販で購入して交換しなくてはなりません。
それに効果があるのは近視で老眼や遠視は効果がありません。
スポーツをしたり手術を躊躇している人が向いています。